外陰 おでき

外陰のおできを家で治療する方法

人にはいえない悩みとしてが外陰部にできるおできがあります。

 

 

基本的ににきびと同じだと考えて良いですが、中には細菌に感染している可能性もあり、中に膿が溜まっている可能性もあります。

 

 

水泡やイボであれば自宅でも簡単に治療することが可能ですぐに治ることが多いのですが、毛嚢炎や尖形コンジローム、性器ヘルペスであれば適切な処置がすぐに必要だといえます。

 

 

まず毛嚢炎ですが、毛穴の奥で毛根を包んでいる部分に細菌が感染することによって起こる症状です。

 

 

外陰部には毛というのは直接的にはありませんが、その付近にある毛の毛根は外陰部とも繋がっているため間接的におできが出来てしまっている状態なのです。

 

 

基本的に痛みがなければ抗生物質等を処方され、膿を排出する方向になります。しかし痛みが強い場合には痛み止めの他、切開して膿を強制的に排出するという方法もあるのです。

 

 

膿が出てしまえば痛みは取り除かれるのでお勧めです。

 

 

中には爪で引っかいたり針で刺したりして自分で膿を排出させるという方もいます。しかしそういった家での治療は外陰部というデリケートゾーンでもあるのでやめておきましょう。

 

 

次に尖形コンジロームですが、まさに外陰部におできというイメージがぴったりの症状です。外陰部を始めとする付近にとさか状のおできができるのが特徴です。

 

 

自覚症状がほとんどない疾病ですが、痛みやかゆみを感じる場合には重度に悪化している可能性があります。

 

 

性感染症の一つなので早めに受診して抗生物質等で治療を行なっていった方がよいでしょう。

 

 

もし、医者から見てもニキビのようなおできだったり、今まで繰り返しできていたという方がいましたら、予防の観点からも、こちらのボディニキビ専用ジェルがオススメです。

 

 

評判がかなり良いですし、返金保証もありますので、お試し感覚で使ってみてもよいと思います。