足の付け根 おでき

足の付け根のおできを自宅で治す方法

足の付け根のおできというのは意外にも多い症状のようです。大豆くらいの大きさで、しこりがあったり触るとぶよぶよとしていたりと様々な症状があります。

 

 

痛みも全く感じないというものから歩けないほどの激痛を伴うものまであるので処置の仕方も異なるのです。

 

 

大体足の付け根というとビキニラインといわれ、下着が当たる部分でもあります。下着で締め付けたり擦れたりするので余計に悪化してしまう傾向もあるようです。

 

 

毛嚢炎や炎症性粉瘤という病名がつくもので、治療は基本的には皮膚科になります。

 

 

自宅でできる方法としては、

  • 締め付けの強い下着ははかない
  • 保湿ケアをしっかりとしておく

この2点が大事です。上記2つは予防という観点からも重要ですので、今はそれほど大事に至っていない方も、しっかりと対策してみましょう。

 

 

ボディケア専用の保湿剤として人気の商品を先日見つけました。こちらのページで詳細が見れますので、参考にしてみてください。

 

 

足の付け根のおできは、良性の腫瘍ということなのでそれほど心配する必要はないですが、化膿していたり痛みが強い場合や血や膿が出ている場合にはすぐに受診した方が良いでしょう。

 

 

酷い場合には切って膿を出さなければならない状態のようです。

 

 

これらの足の付け根にできるおできの原因としては下着の締め付けによるリンパの炎症や間違ったムダ毛ケアによる細菌感染などが考えられます。

 

 

炎症を起しているということは事実なので炎症を抑えるために抗生物質を処方されることもあります。

 

 

基本的には安静にしていれば治るということなので自宅で治すことも可能です。しかし繰り返しできてしまう症状でもあるので、根本から治すために下着は圧迫されないものを使用するなどの対策も必要です。

 

 

下着はボクサータイプにするなどして付け根部分が圧迫されないようにしましょう。

 

 

大人にきびなどのように特別大人になってから起こる症状でもなく、子供でも出来るので気をつけている必要があるでしょう。