ビキニライン おでき 改善

ビキニラインのおできを改善|人には言えない悩み

ビキニラインにおできが出来ることがあります。

 

 

ビキニラインというデリケートな部分ということもあり、人にはなかなか言えません。しかしビキニラインのおできというのは意外に多い症状なのです。

 

 

粉瘤と呼ばれる症状ですが、細菌が原因となっています。細菌がリンパ節などに入ってしまい、そこが化膿している状態なのです。にきびにように赤くなって治ることもあれば膿が溜まって痛みが強くなることもあります。

 

 

ビキニラインと言えばちょうど下着が当たる部分でもあるので下着が履けないほどになったり、動かすと痛いので歩けなくなるほどだということです。

 

 

これを改善させるためには市販薬を使うか、酷い場合には手術ということになります。おできになっている部分を切って中の膿を出さなければならないのです。

 

 

おでき用の市販薬では効果があまりないので、本気で治したいと思うのであれば抗生物質を使わなければなりません。抗生物質で細菌を殺し、中から治すのです。

 

 

ビキニラインは恥ずかしいので医師にもあまり見せたくないかも知れません。しかし治しておかないと繰り返しできてしまう症状でどんどんと悪化する可能性があります。

 

 

しっかり治した後は、ボディニキビ用のジェルでしっかりと保湿ケアを欠かさないように行ってみてください。ビキニラインのおできは繰り返し起こることが多いので、しっかりと肌のバリア機能を高め、予防しておく必要があります。

 

 

また、ビキニラインをカミソリなどで処理している場合には切れてしまい、そこから細菌に感染した可能性もあります。ムダ毛の処理方法についても考え直した方が良いでしょう。

 

 

背中や二の腕や胸などにもおできはできますが、これはストレスなどが原因の大人にきびです。ビキニラインはそれとは少し違っているので注意しましょう。